カテゴリー
恋のマニュアル

お店の店員さんを好きになってしまった時のアプローチ方法と注意点5つ

店員さんにアプローチする際の注意点

注意① 話したこともないのに手紙は禁物

手紙を持つ男性

例えばコンビニの店員さんがとてもキレイで一目惚れしてしまったとします。
彼女にしたい、とりあえず連絡先を交換したいと思うでしょう。しかし、一度も話したこともないのに電話番号やLINEのIDなどを書いた紙などを渡してはいけません。
逆の立場で考えてみてください。自分がコンビニで働いていて、知らない女性のお客さんから急に連絡先を渡されたら少しビックリしますし、連絡しようか躊躇してしまいますよね。これが女性側の立場ならなおさらです。
いくらあなたがイケメンだとしても、知らない人なので怖さや疑いが生まれてしまいます。話しかけにくいという気持ちはわかりますが、突然の手紙では成功率が低いのでやめましょう。

注意② 初回でアクションを起こさない

クラウチングスタート

好きになった女性が働くお店には何度か通いましょう。その女性が働いている時間帯がなかなかわからないかもしれませんが、何度か訪れることが大事です。初回で食事に誘ったりはNGです。まずは顔を覚えてもらうことが大事です。
お店がコンビニや書店ならばお金はそれほどかからないと思いますが、飲食店や入場料がかかる場合はなかなか行けないこともあると思いますが、月に2回(2週間に一度くらい)くらいは行って印象づけることが大事です。

注意③ 毎回一度は会話をする

笑顔の女性店員

会話をするほど覚えてくれる可能性は高まります。お店が居酒屋であれば、人気の一品やおすすめのカクテルを聞いてみると良いでしょう。次に行った時に、「前オススメしてくれたの美味しかったです」など、会話をしたことがあることを思い出してもらって印象づけることができます。
コンビニであればレジ横にあるホットショーケースのフライ物やおでんの人気を聞いてもいいかもしれません。オススメが分からないという反応でもかまいません。「じゃあ一回これ食べてみようかな」といって、外で食べたあとにもう一回ドリンクを買いに入って、「うまかったですー」とか言ってみてもいいでしょう。
こういうやりとりを数日にわけて5回くらい続けてから、その人に対する質問に入ってみるのがいいでしょう。

注意④ 距離が縮まるまでプライベートなことや勤務時間のことは聞かない

レジをうつ女性店員

何回かの小さい会話のやりとりがあっても、まだ他人です。
相手も仕事中ですので、それなりにフランクな人でなければプライベートな会話は警戒心を持たれます。
「今日は何時くらいまで仕事なんですか?」などと勤務時間を聞くと、仕事終わりに待ち伏せされるかもしれないと思うかもしれません。
勤務時間を聞くのではなく、「お姉さんよく会いますね、週何回くらい入ってるんですか?」などにとどめましょう。

注意⑤ ストーカー的な行動は絶対しない

ストーカーになってしまった男性

好き故に相手の女性のことに興味を持ってしまうことは仕方がないことです。しかし、一般的にストーカーといわれるような行動は絶対にしてはいけません。
たとえば、彼女の仕事が終わる時間まで待って、帰り道をつけたり、遠くから写真を撮ったりは絶対にやめましょう。

距離が少し縮まった後のアクションの起こし方

共通点を探して出かけるための自然な理由を見つける

見つめあう男女

自分の顔を覚えてもらえたと感じたらいよいよアクションです。
できればそれまでに彼女が週何回仕事をしているのかを聞いて、休みの日は何をしてるかなどの聞けていればベストでしょう。休みの日の過ごし方を聞く前に、自分が休みの日に何をしているのか、どんな仕事をしているのかなどを先行で話しておくほうが良いでしょう。何も知らない相手に自分のことをだけ言うには心のバリアが働いてしまうからです。
彼女が休みの日自分との共通点などがあれば、「まじで?俺そこ行きたかったんですよ、今度案内してくれません(笑)」といった具合でアポを取り付けるようにしましょう。もしくは自分が知っていて、彼女が知らないというパターンであれば「絶対おすすめなんで案内しますよ!いきましょうよ!」と言いましょう。
ここで大事なのは、「二人で出かける理由が自然」ということです。
人が親近感を抱くには「共通点」を見つけることです。共通点は共感につながり、共感するものが相手にあれば、心のバリアは薄くなります。

誘いが失敗してもいい

落ち込む男性

共通点を見つけて一度誘ってみたが、断られた。かまいません。
それに彼女があまり乗り気じゃなかっただけです。またしばらくして違う話題で誘えばいいだけです。

連絡先を聞く

誘いがOKだった場合に限り連絡先を交換しましょう。ここも、今度一緒にでかけるので、「予定調整」や「待ち合わせ」のために連絡先を知らなければいけないという自然な理由があるからクリアしやすいでしょう。
連絡先はメールアドレスかLINEなどにしておきましょう。距離が縮まったといえ、まだまだ他人です。携帯電話番号などは何かあっても変更しづらいものなので、人によっては教えたくないと思うかもしれません。

連絡先を聞くことができたらあとは出先で仲良くなる

初デートで仲良くする

連絡先が聞けたのであれば、後は出かけた後にどれだけ仲良くなれるかですね。
最初に遊びに行った時に告白したりせず、徐々に仲良くなっていければ「恋人になれる」という可能性が高まるでしょう。

実際に店員さんと付き合った例

喫茶店の店員さんと付き合った

寄り添うカップル

僕自身ではなく友人の話ですが、喫茶店の店員さんに一目惚れしてしまった友人は、2ヶ月間その喫茶店に週2で通い、最初の方は喫茶店がいつできたかや、いつから働いているかなどの話をしていたそうです。1ヶ月が過ぎたころには、ネットで見つけたおもしろいニュースの話などを「ちょっと聞いてくださいよ」とスマホを見せたりして笑い合える空間を作り、距離を縮めていったそうです。
そういう会話をする時も、相手は仕事中なので、お客さんが少ない時に絞るなどの気遣いには注意していたそうです。
そして、2ヶ月目でデートに誘い、見事3回目のデートで付き合うことになったそうです。
彼はそれほど「イケメン」ではありませんが、人を楽しませるという点では素敵なところをもっています。
焦らず徐々にアプローチしたのが良かったと彼は言っていました。