カテゴリー
恋のマニュアル

クリスマスプレゼントで重要な3つのこと

クリスマスプレゼントを選ぶ3つのポイント

他の記念日よりサプライズ感を大事にする

サプライズ

誕生日プレゼントなどは、事前に何が欲しいか聞くのもありだと思います。欲しいと思ってるものをプレゼントされるのが一番いいですからね。
一方、一年に一回恋人が盛り上がるイベントのクリスマス。男性陣は「クリスマスは商業的なイベントだ」と冷めている方も多いかもしれませんが、
やはり女性はロマンチックな日と捉えているもの。
プレゼントも特別こったサプライズを頑張らなくてもいいかもしれませんが、恋人同士だからこそ贈ることができるアクセサリーや、彼女があこがれているメーカーのインテリアグッズなどもいいでしょう。

彼女が友達と話した時を想像する

女子会

男性もそうであるように、職場や友人の輪の中で女性も見栄を張ったり、馬鹿にされたくないと思うもの。
もちろん二人の思い出というものは他人に自慢するものではありませんが、彼女が会社の同僚達とクリスマス後の話をしている場面を想像してみましょう。
「彼氏に何かもらったの?」など聞かれた時に、ネックレスや時計、指輪などであれば答えやすいでしょう。

ロマンティックな要素を入れる

男性以クリスマス風景上に女性はクリスマスにワクワクしている割合が大きいと思います。
お金に余裕がなくて、高級レストランが予約できなくても、ファミレスで食事をした後にクリスマスツリーや夜景がキレイなところでアクセサリーなどをプレゼントをすればロマンチックです。
渡す時のシチュエーションも考えて、プレゼント選びをするのがいいでしょう。

普段の彼女の「いらない」は参考にしない

僕も過去にクリスマスプレゼントでアクセサリーをプレゼントしたことがあります。
高級ブランドもののブレスレットです。
普段はプレゼントや高いものはいらないと言っている彼女ですが、普段はまったくブランドの話などしない彼女なのに、「このブランドのやつホントに欲しかったの!○○ちゃんが持ってて良いなーって思ってた」

喜ぶ彼女
と、テンションが上がった様子でいつも以上によくしゃべっていました。
欲しくないわけではなく遠慮しているのか、高価なもので喜ぶ女性と思われたくなかったのかは定かではありませんが、嬉しそうにしていたのは間違いありませんでした。

「高価だから」ではなく「良いと思った理由」が大事

彼氏からもらったものが高価なものだと、友達にも言いやすい一面もありますが、ただただ高いものをあげればいいというわけではありません。
「似合うと思ったから」や、「これ付けたらキレイになると思ったから」などの理由を言えば彼女もいっそう喜ぶでしょう。