カテゴリー
男の本音

年上の女性を好きになる男が感じている3つの魅力ポイント

年上の女性に感じる3つの魅力ポイント

①ミスして焦っていてもサラッと許容してくれる

なぐさめてくれる彼女

男は女性の前だとカッコつけてしまうもの。なるべくデートでも失敗しないよう気を張っていたりします。
しかしながらデートではミスがつきもので、ドライブで道を間違ったり、予約したつもりのお店がとれていなかったり、予想外のことが起こるものです。そんな時、年上の女性だと
「大丈夫大丈夫、よくあるよね」
などと、年下の彼をサラッと気づかってくれることが多いです。年下の彼女だと自分がリードしないといけないという意識がどうしても高くなってしまうので、サラッと許容してくれる年上女性の優しさが魅力的に感じやすいという面も大きいでしょう。

②見守ってくれる大人の安心感がある

包容力がある彼女

夢を追っている男を大人目線でアドバイスしてくれたり、応援してくれると男性は安心感を得ます。
年下の女性だとどうしても「自分が引っ張っていかなければ」という意識が常にあります。
自分の夢を温かく見守ってくれる大人の年上女性に、安心感という魅力を感じます。

③年上だけどドジな一面があるとより一層かわいく見える

かわいい彼女

年齢が上だとその分経験もあるのでしっかりしていると思いきや、ドジなところがあるとかわいく見えてしまいます。
年上の彼女からすると、ミスをすると恥ずかしいかもしれませんが、その恥ずかしがっているところに男はキュンときてしまうものです。年上だけど守ってあげたくなるという責任感が男性の中に生まれ、放っておけない存在という一面に魅かれてしまうのでしょう。

カテゴリー
男の本音

女性に「かわいい」と言われても男が嬉しくない理由

「かわいい」と言われても嬉しくない理由

頼られてる気がしない

情けない男性

男性は女性、彼女の前では強い存在でいたいもの。
女性に頼られることが男の目指すところであり、生きがいでもあります。
「かわいい」という言葉には、それらの要素がまったく含まれていない気がするのです。
むしろ、頼りないけどかわいいから良いと言われている気さえします。

男にとって「かっこいい」が褒め言葉

笑顔の男性

やはり、「かわいい」より「かっこいい」のほうが男性にとっては褒め言葉になります。
「かわいい」は女性に対する褒め言葉という認識は深いでしょう。

カテゴリー
男の本音

エッチを断られた時にすねる男性の気持ち

エッチを拒否されて男性がいらだつ理由

性欲が解消されないもどかしさ

もどかしい男性

「今日はエッチをするぞ」と決め込んでいると、感情やムラムラが高ぶっています。そんな時に彼女に拒否されてしまうと、ものすごい不燃焼感だけが残ります。欲求を抑えるというのはしんどいものです。この欲求の抑え方に効く方法はないでしょう(笑)このフラストレーションは男にとってぶつけようのないいらだちへと変わっていきます。

彼女が自分に対してあまり興味がないと疑ってしまう

疑う男性

彼女が体調が悪くて夜の生活を断った時、それは仕方がありません。男としてはこれは我慢しなければいけません。ですが、体調が悪いとはっきり言ってくれればなくなく我慢しようとなるのですが、理由を言ってくれないとわかりませんよね。わからないが故に変に疑ってしまうこともあります。そっけないそぶりをされると、
「自分への気持ちが冷めてしまったのではないか?」
「もしかしたら他に好きな男性がいるんじゃないか?』
などと疑心が生まれてしまいます。これもいらだつ原因です。

カテゴリー
男の本音

彼女が自分のことを他の男性よりも好きなのか疑う瞬間

他の男性がかっこいいという彼女に思うこと

他の男性をかっこいいと言うのは別にいいけど自分もほめてほしい

テレビを見るカップル

ドラマなどでかっこいい俳優さんはいます。それをかっこいいと思うのは仕方ないです。実際にかっこいいわけですし。でも自分のことも5回に一回くらいはほめてほしい。
女性が化粧やオシャレをほめてほしいのと一緒で、たまにはほめてほしい。
他の男性よりもかっこいいと言ってほしい。
それなりにおしゃれしたり、彼女のことを守るよう行動してるし、たまにはほめてほしい。
これって男性の本音ですよね。

本当に自分でいいのか不安

落ち込む男性

テレビを見ている時に、
「この人筋肉すごいー」
とか
「ほんとに男前」
とか言われると、実は男は対抗心を燃やしています。
「俺のほうがかっこいいよ」
とか言うと、冷ややかな目で見られたり・・・
こういうことは、1回や2回ならそれほどダメージがないのですが、数回続いてくると、
「本当に自分でいいのか?」という彼女への問いかけに変わってきます。

彼女が自分で妥協しているのであれば嫌

バツ

かっこいい男性、優しい男性、スポーツができて筋肉隆々の男性はたくさんいます。
その中でも自分を選んでくれているのであれば嬉しいのですが、
自分で妥協されていると思うと嫌なものです。
テレビでかっこいい男性が出ている時に彼女が絶賛したり、街で歩いている時に
「今の人イケメンだったよね」
などと言われることが続くと、自分を選んだ理由は?
と、男でも思います。

カテゴリー
男の本音

タバコを吸う女性に対する男性側の印象5つ

タバコを吸う女性への悪い印象

①服や口がヤニ臭い

彼女が嫌

タバコを吸わない男性からすると、タバコのニオイは嫌なものです。
恋人であればキスをする時に口がタバコ臭いと、気持ちが冷めてしまいます。服に付いたタバコの臭いも、一緒にいると良い気はしません。

②不健康なイメージ

貧血ぎみの女性

タバコは気管支系の病気や肺がん、女性であれば子宮がんや乳がんの発生率を上げる原因になります。
ビタミンも不足しやすくなるので、肌の老化原因にもなりますし、歯がヤニで黄ばむとどうしても老けて見えてしまいます。

③結婚や将来のことをあまり考えてなさそう

そっけない彼女

タバコを吸っていると、妊娠した時に胎児への影響が大きいと言われます。未熟児や早産、発達障害の原因に大きく関係すると言われていますので、結婚をする相手としてはあまりタバコを吸っていてほしくありません。病気になったら心配という不安もあります。

④不良っぽい・怖そう

怖い彼女

タバコを吸う女性は男性より悪いイメージで見られやすいです。別に悪いことをしていなくても、元ヤンキーっぽいイメージや、怖そうな印象になってしまいます。

⑤タバコを吸えないストレスがたまってそう

イライラする彼女

タバコはストレス解消になると言いますが、タバコを吸わない女性と比べてストレスを解消できているかと言うと、決してそうではなく、タバコを吸えない時間に対するストレスの方が結果的に多くなってしまいます。
デート中、彼氏がタバコを吸わない人なら、遠慮もしなければいけませんし、彼氏も「彼女がタバコを吸いたいんじゃないかな」と余計な心配が増える一方です。

タバコを吸う女性良いところ

カフェデートカップル正直言って、タバコを吸う女性に良い印象はなかなか見つけられません。タバコを吸っている男性からすれば、「気を使わず自分も吸える」といったところでしょうが、非喫煙者の男性からするとこのメリットもありません。

カテゴリー
男の本音

貧乏に強い女性が魅力的と感じる場面

彼女が貧乏に強いと助かる場面

見栄をはらなくて良い

見栄を張る男性

高価なものをにお金がかからない

付き合って長くても彼女の前ではカッコよくありたいと願うものです。 車、バイク、サイフ、時計などそこそこ高額なものを身に着けたり所持したいと思うもの。 しかしながら、お金がなくて生活費にも困っている状況では高額なものを買うことがなかなかできません。デートにもなかなかお金をかけられません。

お金がかかることを要求しない

貧乏に強い女性の特徴として、あまり流行に左右されず、価値がわからない高価なものは自分も欲しがりませんし、彼氏にも要求しません。なので、見栄をはらなくても関係を良好に保つことができます。

転職や夢を応援してくれる

面接に向かう男性

女性からすると彼氏の転職は不安

「男は夢がないと生きていけない生き物」というのは言い過ぎかもしれませんが、現在の職場や給料にあまり満足していなかったり、夢に改めてチャレンジしたいということは湧き上がってくるものです。 そんな時、同棲している彼女や奥さんがいたらどうでしょう。 ある程度安定している現在の仕事を捨てて夢にチャレンジするとしたら、女性からすると大きな不安になるでしょう。

夢を応援してくれる貧乏に強い彼女

彼氏が転職するとなっても、貧乏に強い女性は大丈夫だったりします。 むしろ応援してくれたり、二人で頑張ることをやりがいに感じたりします。 男からすると、自分の夢を尊重してくれる女性がいると、嬉しさとやる気がこみ上げてくるものです。

モノを大切にする

リメイク 貧乏に強い女性は貧乏を覚悟しているので、新しいモノが買えないこともあることを知っています。 それ故、今使ってるモノを大事にしようとします。 モノをすぐに捨てて、しょっちゅう新しく買いなおしたいと言う女性より、モノを大事にしてくれる方が家庭としてもうまくいきます。

カテゴリー
男の本音

男の間では好評じゃない女性のファッション4つ

男からするとあまり好感をもてないファッション

派手なネイル

女性の派手なネイル

指先のオシャレであるネイル。ほんのり色が塗ってラメがキラキラしているくらいであればかわいくて好感がもてるのですが、爪が長かったりストーンがごつごつ付いているとマイナスに感じる男性は少なくないでしょう。
爪が長いと繊維が引っかかりそうで怖いですし、清潔感もありません。
料理をする時も邪魔になるでしょうし、生活感がないという印象を受けてしまいます。

クリンクリンのパーマ

クリンクリンのパーマ

これは好みの問題が多いのですが、ストレートが好きな男性ってけっこう多いです。
サラサラの髪に女性らしさを感じるからでしょうか。
女子の間でパーマの話で盛り上がっていても、「前のストレートの方が良かった」と言う男性意見は多いです。

輪っかの大きいピアス

輪っかピアス

直径8cmくらいの輪っかのピアスってありますよね。これはただただ怖いです。どこかに引っかかって耳がちぎれるのではと感じてしまいます。

タトゥー

女性のタトゥー

タトゥーは意思や決意で入れているならまだしも、タトゥー文化がまだまだ受け入れられていない日本の女性がしていると、どこかやんちゃな印象をうけてしまいます。日本の男性は相当タトゥーに抵抗がない人意外は悪いイメージを持ってしまうと思います。
「タトゥー=セクシー」にもなりませんし、女性らしさという意味でもあまりプラスには向かないものでしょう。

カテゴリー
男の本音

彼女には自分より少しだけキレイ好きでいてほしい男の気持ち

自分より彼女の方がキレイ好きであってほしい理由

彼女には女性らしさを失わずキレイでいてほしい

横顔の女性

いくら美人でも、服がだらしなく髪の毛がボサボサで油ぎっていては魅力を感じないものです。
これは僕の意見ですが、容姿が多少悪くても、おしゃれをして、髪の毛もしっかり整えている女性には魅力を感じます。
彼女の家に行って、部屋がきっちり掃除・整頓されていると、物を大事に扱っていて心もキレイそうだ!と感じます。逆に、彼女の部屋に入って、ゴミが散らかっていたり、洗濯した服もたたまずそのまま放ったらかしのようでは、まずマイナスです。散らかってる部屋が好きな人なんていないですよね。

なんでも注意する細かい男になりたくない

怒る彼氏

同棲や結婚生活を始めた後、生活をしているうちにお互いのだらしない点というのは見えてくると思います。
「洗濯をしない」「お皿を洗わない」「トイレが汚れても掃除しない」など、不満は溜まってくるもの。
勝手な話ですが、男は女性に注意されて改善していければいいと思います。
しかし、男性が女性より清潔というのはどこか「細かい男」と感じてしまいます。
細かい男って嫌ですよね、でも一緒に住んでいく彼女が部屋を散らかしていたら注意したくなります。「細かい男」にならなくて済むように彼女には自分よりキレイ好きであってほしいです。

カテゴリー
男の本音

胸元が開きすぎている彼女を注意したい男の本音

胸元はしっかりしていてほしい男の気持ち

彼女が気にしていなくても、彼氏としては気になって注意したくなります。男は何故気になるか、ポイントをまとめました。

他の男性に見られたくない

覗き見

胸元が開いていると自分以外の男性に胸やブラジャーを見られる可能性があります。
やはり自分以外の人には見せてほしくないのです。

だらしないかんじがする

だらしない外人女性

男性の場合であれば、例えば腰パンをしていてパンツが見えてる状態はだらしないです。
女性の場合も下着が見えていたり谷間が見えているとだらしないです。
下着が見えるとどうしてもキッチリしている人には見えません。

恥じらいがなくて軽い女性に見える

胸が開いていると、複数の男性に下着を見られるわけです。
人に見られていることを意識できない、それを恥ずかしいと思わない女性は軽く見られがちです。
彼氏であれば、彼女が軽いというのは嬉しいことではありません。

胸元が開いていることを注意する

注意する彼氏

女性も意識的に胸元を見せているわけではないでしょう。
とはいえ、彼氏からするとほっとけない状態だと思います。
気になることは注意した方が良いでしょう。
僕も彼女に一度注意したことがあります。彼女自身も気づいていなかったみたいなので、その後は首元がピチっとした服を着るようになりました。

カテゴリー
男の本音

「優しい男性が好き」というのは本当か?と疑う瞬間

男性の優しさとは?

彼女をなだめる彼氏

そもそも女性が言う男性の優しさとはどのようなことでしょう?
よく「ギャップがある」時の例として出される、「ヤンキーが雨の中で捨て猫にエサをあげている」というシーン。
これは「猫にエサをあげている」という思いやりという意味での優しさですね。
他にも「彼女の体調を気遣って無理をしないようにしてくれる」「荷物をもってくれる」「会社の付き合いよりも家族思い」など女性が挙げる優しさはたくさんありますね。
とはいえ、優しいだけではダメだと思う瞬間がよくあります。

優しいだけではダメと思う瞬間

体格的に比べられた時

 

マッチョ 男性優しい人が好きというのは聞いていたけど、テレビで体格のいい人や、マッチョな男性が出ていると「かっこいい〜!」と隣で言っている彼女を見ると、やはり女性は本能的に守られたいという意識があるのかなと感じます。優しいだけでは彼女を守ることができませんし、「優しい」と反対の「強い男」に女性は惹かれる面が大きいのかなと感じることは多々あります。

経済的にリードできない時

貧乏 男性

優しさだけでいけるのは若い頃だけ?結婚などが視野に入っている関係性であれば、優しさだけでは食べていけません。彼女に優しくしていると思っていても、どこか不満気な態度の彼女。今月は金銭的に厳しいから、デートにあまりお金をかけられない時があります。といって、節約デートで公園で遊ぶだけ、一日中家にいるデートなどが続くと彼女も「この人お金がないんだ・・・将来やっていけるかな・・・優しいだけだな」と感じているのが分かる時があります。

彼女以外のことを優先した時

友達の引越し

彼女との付き合いも大事にしているけど、自分の友達や家族を優先しすぎた時に彼女が不満に感じる時があります。
たとえば、友人の引越しやパーティの企画などで毎週手伝いをしていた時、彼女が不満そうにしていました。
友人を手伝うという「優しさ」は彼女にとって「自分への優しさ」には入らないようでした。
他にも、親を旅行に連れていってあげるなどの「優しさ」も彼女にとっては「自分を優先されていない」感じたのか、ケンカになったこともあります。
このようなことは結婚をした後は特に感じるようですね。
女性は「自分を一番に大切にしてくれている」という実感を重要視するようです。