カテゴリー
男女の価値観

家事をしない男性は嫌われる?彼女に批難されないようにするポイント

家事は女性がやるものと言ってると批難される理由

仕事後の自由時間に不平等感が出るから

掃除

お互い仕事をしていると、家に帰ってからの自由時間はそれぞれのものです。
女性も仕事の後の時間は自由に使いたいもの。それなのに料理をしたり、彼氏の靴下を洗ったり、お弁当箱を洗ったりと、自分の自由な時間が奪われていきます。
彼氏はテレビを見て笑っている。これが続くと不平等感は出てくるでしょう。

そもそも家事はお給料が出ないもの

財布を持つ女性

家事は労働ですがお給料が出ません。お給料が出ない労働は疲れるだけです。
それでも生活をキープするためにはしなければいけないものなので毎日するわけですが、その労働が自分だけと感じると彼女も不満がたまるでしょう。

家事を進んですると喜ばれる

皿洗いをするカップル

同棲などしているなら、女性からすれば手伝ってほしい家事。全部じゃなくても手伝えばポイントアップかもしれません。
・週に一度トイレ掃除をする
・たまにお皿を洗う
・洗濯物を取り入れる
・ゴミ捨てだけ行く

などなど、小さなことでも気づく姿勢が大事です。

カテゴリー
男女の価値観

鼻をかんだティッシュでテーブルを拭く女性にがく然

鼻をかんだティッシュでテーブルを拭いた彼女

びっくりする男性

以前付き合っていた彼女とお鍋をしていた時のことです。彼女がふいにティッシュで鼻をかみました。食事中に目の前で鼻をかむことが嫌な人もいますが、そこは大丈夫です。驚いたのは彼女がその後に、鼻をかんだティッシュでテーブルを拭いたことです。
鍋の汁がテーブルにこぼれていたので拭いたのですが、鼻水が付いたティッシュでテーブルを拭く感覚がどうしても合いませんでした。

鼻水が汚いというより行動自体が嫌だった

後悔する男性

鼻水が付いてない片面で拭いたのかもしれません。彼女からすれば、自分の鼻水は中に折り込んで、反対側で拭いたから大丈夫と思うかもしれません。
実際にそうだとすれば、何も汚れてはいないのですが、やはりその行動自体が客観的に見ると良い印象のものではありません。

彼女の行動を注意できなかった

ケンカするカップル

鼻水ティッシュでテーブルを拭いた彼女を注意できませんでした。
その日のことだけで彼女と別れたわけでもありません。
結果的には違う要因で別れることになったのですが、一緒に生活をし始めると我慢できなくて注意したりケンカになっていたでしょう。