カップルは注意!些細な感覚のずれが別れ話を引き起こす

浮気・別れ話

よくあるカップル間の感覚のズレ

金銭的感覚のズレ

お金を計算するカップル

 

デートの時など、金銭的感覚のズレを感じることは良くあります。
昼ごはんが外食で3000円ほどかかったその日の晩、夜は節約して安いお店に入るか、それともせっかくのデートだから晩御飯も豪勢にいくか。
彼氏が節約の方を選んだら、彼女は「せっかく久々のデートなのにケチくさいなぁ、楽しくない・・・」と思ってしまうでしょう。
また、節約派の彼氏からすると、「昼も3000円使ったのに夜は5000円使っちゃった。ファミレスで安く済ませるくらいで良かったのに・・・」ともったいない気持ちでいっぱいになるでしょう。

生活リズムのズレ

生活のズレ

一緒に生活をすると些細なことが気になります。
・ご飯を食べた後、お皿を洗ってからゆっくりするか。ゆっくりした後お皿を洗うか。
・洗濯は毎日する。洗濯は3日ほど溜まってからまとめてする。
・テレビはこまめにチャンネルを変える。一回見だしたらその番組が終わるまで変えない。
・電気をつけたまま寝る。電気を消さないと眠れない。生活のズレは一見小さなものですが、毎日一緒にいると、小さなズレが積もって大きなストレスになります。

体質のズレ

眠れない彼氏

・夏のクーラーの温度は20度くらいで部屋をキンキンに冷やしたい。温度は30度くらいの設定で十分。
・猫が大好きだから猫を飼いたい。猫アレルギーだから猫を飼ったら毎日くしゃみが止まらない。
アレルギー体質、冷え性などたくさんあると思いますが、体質はなかなか変えがたいものなので難しいですね。

人間関係や友達関係に関するズレ

男女仲間

彼女は大勢でバーベキューをしたり、家に人を呼んで食事をするのが大好きな性格。
彼氏は彼女と二人で過ごすのが落ち着くし、年に1回くらい友達や家族と食事できれば十分といった違いがあるとしたら、彼氏は彼女に合わせるのでせっかくの休日に人付き合いで大変と感じ続けるでしょうし、彼女からすると「みんなで遊びに行ったら数倍楽しいのに、つまんないな・・・」と感じるでしょう。

感覚のズレはお互いに歩み寄る努力が必要

笑い合うカップル

お互いの歩み寄りで感覚のズレを埋める努力をすることが長続きするためにはとても大事です。
もともと感覚のズレがゼロに近いカップルであれば、ケンカをすることや、日々ストレスを溜めることもないのでしょうが、なかなか全ての考え方やリズムが同じカップルなんていないものです。
・デートの時は贅沢をしたいけど、前回のデートはお金を使ったし今日は節約しよう。
・電気をつけたままじゃ眠れないけど、今日はホットアイマスクでもしながら寝れば眩しくない。
・クーラーを22度にしたいけど、寒がってるし自分は扇風機でもつけて涼しくしよう。
・あんまり大勢は苦手だけど、今日はみんなでバーベキューを楽しもう。

など、難しいこともあるでしょうが、なるべく二人の気持ちの中間でいられるようにすることが大事ですね。
いきなりはしんどいですが、少しでも努力すれば相手はわかってくれて感動することでしょう。
できることからやっていけたらいいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました