「行ってほしくない」と彼女に言いたい4つの場面と対処方法

恋の悩み

本当は彼女に行ってほしくないと言いたい4つの場面

会社やバイト先の飲み会

会社の飲み会

彼女が会社勤めやバイトをしていると、職場のメンバーとご飯を食べに行ったり、飲み会に参加することはあります。
職場の人との人間関係もありますし仕方ないのですが、やはりその場所に男性がいると嫌なものです。
飲み会で同僚の男性が酔っ払って彼女を誘ってこないか、彼女も酔っ払ってちょっとくらい許したりしないか不安です。
歓送迎会、忘年会、新年会など、他の部署との交流もある飲み会は職場では当たり前にあることなので、「行くな」とも言えず不安な時ってありますよね。

学生時代の同窓会

教室

小学校、中学校、高校などの同窓会って心配になることが多いですよね。
学生時代に彼女が好きだった男子が、今は彼女もいなくさらに格好良くなっていたりしたら・・・その上、その男子も彼女に興味を持ってしまったら・・・
こんな不安が拭えません。
久々に会って連絡先を交換してしまうのでは・・・というよりその晩にワンナイトで二人きりで抜け出してしまうのではないか・・・
妄想が膨らみいてもたってもいられなくなります。

サークルやオフ会

サークル

学生ならサークル活動、今はSNSやネット上の知り合いのオフ会なども多くあります。
趣味や嗜好が共通なので、気が合って仲が良くなりやすいのが特徴ですね。
オフ会などは、純粋に共通の趣味で楽しむ人と、多かれ少なかれ出会いを求めてる人もいます。
彼女がターゲットにされたらどうしよう・・・
共通の話題で親密になりやすい場所なので不安度は高いです。

フェスやイベント行事

音楽フェス

ライブ、音楽フェス、ハロウィーンパーティ、キャンプなど非日常感が強いのが特徴です。
知らぬうちに日ごろのストレスを発散しようとしているので、開放感も高く、知らない男性に声をかけられてもテンション高めで応えてしまう傾向にあります。
上記の「サークルやオフ会」と同じく、共通の話題や方向性を持ってる人間の集まりなので、距離が縮まりやすい傾向にあります。
自分の彼女がナンパされてしまうのではないか・・・ライブのテンションで盛り上がって付いて行ってしまうのではないか・・・とっても不安ですね。

彼女に行ってほしくないと言えない

行ってほしくないと言えない理由

行ってほしくない彼女に「行ってほしくないと」と言いたいたくなるシーンは多々あります。
しかし「小さい男と思われたくない」、「客観的に見たら大したことじゃないから大げさに言うのもかっこ悪い」などと考えてしまうのが言えない理由でしょう。

どうしても行ってほしくない時は言う

電話する男性

どうしても行ってほしくない、この飲み会は危険性が高いという時は、正直に言ったほうが良いでしょう。
例えば、一度彼女に好意があると伝えてきた会社の男性がいたとして、その男性が誘ってきた飲み会などは再度アタックしてくる可能性があるのでやはり危険です。
男性が多そうなオフ会なども、実際に強姦事件なども起きているので、初対面の人が多い場合は危険度が高いです。
このようなケースは、心配している理由もはっきりしているので、言ったほうがいいでしょう。

対処方法として「行くな」と言うのではなく「心配している」ことを伝える

ラブラブカップル

「行くな」と毎回行っていると、彼女も自分のプライベートを邪魔されていると感じ、不満がたまっていくでしょう。
束縛しすぎると恋人関係もうまくいかなくなるものです。
「行くな」ではなく、「心配している」ということをその都度伝えていると、彼女も派手な行動や頻繁に男性がいる場所に出かけることも少なくなるのではないでしょうか。
「心配している」と伝えるだけなので、完全な対処方法ではないですが、あとは彼女を信じるしかありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました