好きじゃない女性に告白された時の断り方

恋のマニュアル

嬉しい気持ちとお礼を伝える

告白された男性

告白するということは勇気がいることです。告白するために色々悩んだり迷ったりしているでしょう。
それでも想いを伝えようとしてくれたことにまずはお礼を言いましょう。

はっきり断る意思を告げる

NO

お礼を伝えた後は、「付き合わない」という意思はハッキリしておきましょう。
自分が好きじゃない女性でも、「気持ちだけはキープしておきたい」という中途半端な考えは相手に失礼ですし、今後さらに傷つけてしまう可能性があるのでやめましょう。
「気持ちとしては嬉しいけど、ごめんなさい」など、相手に告げることが大事です。

断った理由を伝える

理由を告げる

これは相手が理由を聞いてきたらでいいかもしれません。理由の例としては、おススメできるものからおススメできないものまで以下のようなものがあります。

①今は自分の勉強や仕事に集中したい

「じゃあ、終わるまで待ってる」という展開になると困りますし、断りきれないのでおおススメできません。

②夢が叶うまで彼女をつくらないと決めている

「一緒に夢を叶えたい」と言われると返答に困ってしまいます。
好きな男性が夢を追っていると、女性はそれを応援したいと思います。
これもおススメできません。

③他に好きな女性がいる

本当に好きな人がいる場合はシンプルに断れますし、一番の理由になるでしょう。
しかし、他に好きな女性がいない場合は、
「好きな人って誰?」
と聞かれた場合に困ってしまいます。
好きな女性がいない場合は、架空の好きな人を設定するなど嘘っぽくない話をつくりましょう。

④タイプじゃない

これはなかなか言いにくいでしょうし、あまりおススメではありませんが、あやふやな返答を嫌うような女性には意外に良い答えかもしれません。
ただし、告白してきた女性とある程度フランクな関係でないと、相手を傷つけることになりやすいので注意が必要です。
好きな人にタイプじゃないと言われるのはショックなものです。

⑤友達としか見れない

「友達として大事だから、恋人にはなれない」と言うのも理由になりえるでしょう。
職場や仕事関係の女性から告白されたのなら、「良い同僚でいたい」と置き換えます。
ただし、普段から相当仲が良い友人関係や仕事仲間でないかぎり、このパターンは使えません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました