カテゴリー
男の本音

タバコを吸う女性に対する男性側の印象5つ

タバコを吸う女性への悪い印象

①服や口がヤニ臭い

彼女が嫌

タバコを吸わない男性からすると、タバコのニオイは嫌なものです。
恋人であればキスをする時に口がタバコ臭いと、気持ちが冷めてしまいます。服に付いたタバコの臭いも、一緒にいると良い気はしません。

②不健康なイメージ

貧血ぎみの女性

タバコは気管支系の病気や肺がん、女性であれば子宮がんや乳がんの発生率を上げる原因になります。
ビタミンも不足しやすくなるので、肌の老化原因にもなりますし、歯がヤニで黄ばむとどうしても老けて見えてしまいます。

③結婚や将来のことをあまり考えてなさそう

そっけない彼女

タバコを吸っていると、妊娠した時に胎児への影響が大きいと言われます。未熟児や早産、発達障害の原因に大きく関係すると言われていますので、結婚をする相手としてはあまりタバコを吸っていてほしくありません。病気になったら心配という不安もあります。

④不良っぽい・怖そう

怖い彼女

タバコを吸う女性は男性より悪いイメージで見られやすいです。別に悪いことをしていなくても、元ヤンキーっぽいイメージや、怖そうな印象になってしまいます。

⑤タバコを吸えないストレスがたまってそう

イライラする彼女

タバコはストレス解消になると言いますが、タバコを吸わない女性と比べてストレスを解消できているかと言うと、決してそうではなく、タバコを吸えない時間に対するストレスの方が結果的に多くなってしまいます。
デート中、彼氏がタバコを吸わない人なら、遠慮もしなければいけませんし、彼氏も「彼女がタバコを吸いたいんじゃないかな」と余計な心配が増える一方です。

タバコを吸う女性良いところ

カフェデートカップル正直言って、タバコを吸う女性に良い印象はなかなか見つけられません。タバコを吸っている男性からすれば、「気を使わず自分も吸える」といったところでしょうが、非喫煙者の男性からするとこのメリットもありません。

カテゴリー
恋のマニュアル

好きじゃない女性に告白された時の断り方

嬉しい気持ちとお礼を伝える

告白された男性

告白するということは勇気がいることです。告白するために色々悩んだり迷ったりしているでしょう。
それでも想いを伝えようとしてくれたことにまずはお礼を言いましょう。

はっきり断る意思を告げる

NO

お礼を伝えた後は、「付き合わない」という意思はハッキリしておきましょう。
自分が好きじゃない女性でも、「気持ちだけはキープしておきたい」という中途半端な考えは相手に失礼ですし、今後さらに傷つけてしまう可能性があるのでやめましょう。
「気持ちとしては嬉しいけど、ごめんなさい」など、相手に告げることが大事です。

断った理由を伝える

理由を告げる

これは相手が理由を聞いてきたらでいいかもしれません。理由の例としては、おススメできるものからおススメできないものまで以下のようなものがあります。

①今は自分の勉強や仕事に集中したい

「じゃあ、終わるまで待ってる」という展開になると困りますし、断りきれないのでおおススメできません。

②夢が叶うまで彼女をつくらないと決めている

「一緒に夢を叶えたい」と言われると返答に困ってしまいます。
好きな男性が夢を追っていると、女性はそれを応援したいと思います。
これもおススメできません。

③他に好きな女性がいる

本当に好きな人がいる場合はシンプルに断れますし、一番の理由になるでしょう。
しかし、他に好きな女性がいない場合は、
「好きな人って誰?」
と聞かれた場合に困ってしまいます。
好きな女性がいない場合は、架空の好きな人を設定するなど嘘っぽくない話をつくりましょう。

④タイプじゃない

これはなかなか言いにくいでしょうし、あまりおススメではありませんが、あやふやな返答を嫌うような女性には意外に良い答えかもしれません。
ただし、告白してきた女性とある程度フランクな関係でないと、相手を傷つけることになりやすいので注意が必要です。
好きな人にタイプじゃないと言われるのはショックなものです。

⑤友達としか見れない

「友達として大事だから、恋人にはなれない」と言うのも理由になりえるでしょう。
職場や仕事関係の女性から告白されたのなら、「良い同僚でいたい」と置き換えます。
ただし、普段から相当仲が良い友人関係や仕事仲間でないかぎり、このパターンは使えません。

カテゴリー
恋の悩み

「行ってほしくない」と彼女に言いたい4つの場面と対処方法

本当は彼女に行ってほしくないと言いたい4つの場面

会社やバイト先の飲み会

会社の飲み会

彼女が会社勤めやバイトをしていると、職場のメンバーとご飯を食べに行ったり、飲み会に参加することはあります。
職場の人との人間関係もありますし仕方ないのですが、やはりその場所に男性がいると嫌なものです。
飲み会で同僚の男性が酔っ払って彼女を誘ってこないか、彼女も酔っ払ってちょっとくらい許したりしないか不安です。
歓送迎会、忘年会、新年会など、他の部署との交流もある飲み会は職場では当たり前にあることなので、「行くな」とも言えず不安な時ってありますよね。

学生時代の同窓会

教室

小学校、中学校、高校などの同窓会って心配になることが多いですよね。
学生時代に彼女が好きだった男子が、今は彼女もいなくさらに格好良くなっていたりしたら・・・その上、その男子も彼女に興味を持ってしまったら・・・
こんな不安が拭えません。
久々に会って連絡先を交換してしまうのでは・・・というよりその晩にワンナイトで二人きりで抜け出してしまうのではないか・・・
妄想が膨らみいてもたってもいられなくなります。

サークルやオフ会

サークル

学生ならサークル活動、今はSNSやネット上の知り合いのオフ会なども多くあります。
趣味や嗜好が共通なので、気が合って仲が良くなりやすいのが特徴ですね。
オフ会などは、純粋に共通の趣味で楽しむ人と、多かれ少なかれ出会いを求めてる人もいます。
彼女がターゲットにされたらどうしよう・・・
共通の話題で親密になりやすい場所なので不安度は高いです。

フェスやイベント行事

音楽フェス

ライブ、音楽フェス、ハロウィーンパーティ、キャンプなど非日常感が強いのが特徴です。
知らぬうちに日ごろのストレスを発散しようとしているので、開放感も高く、知らない男性に声をかけられてもテンション高めで応えてしまう傾向にあります。
上記の「サークルやオフ会」と同じく、共通の話題や方向性を持ってる人間の集まりなので、距離が縮まりやすい傾向にあります。
自分の彼女がナンパされてしまうのではないか・・・ライブのテンションで盛り上がって付いて行ってしまうのではないか・・・とっても不安ですね。

彼女に行ってほしくないと言えない

行ってほしくないと言えない理由

行ってほしくない彼女に「行ってほしくないと」と言いたいたくなるシーンは多々あります。
しかし「小さい男と思われたくない」、「客観的に見たら大したことじゃないから大げさに言うのもかっこ悪い」などと考えてしまうのが言えない理由でしょう。

どうしても行ってほしくない時は言う

電話する男性

どうしても行ってほしくない、この飲み会は危険性が高いという時は、正直に言ったほうが良いでしょう。
例えば、一度彼女に好意があると伝えてきた会社の男性がいたとして、その男性が誘ってきた飲み会などは再度アタックしてくる可能性があるのでやはり危険です。
男性が多そうなオフ会なども、実際に強姦事件なども起きているので、初対面の人が多い場合は危険度が高いです。
このようなケースは、心配している理由もはっきりしているので、言ったほうがいいでしょう。

対処方法として「行くな」と言うのではなく「心配している」ことを伝える

ラブラブカップル

「行くな」と毎回行っていると、彼女も自分のプライベートを邪魔されていると感じ、不満がたまっていくでしょう。
束縛しすぎると恋人関係もうまくいかなくなるものです。
「行くな」ではなく、「心配している」ということをその都度伝えていると、彼女も派手な行動や頻繁に男性がいる場所に出かけることも少なくなるのではないでしょうか。
「心配している」と伝えるだけなので、完全な対処方法ではないですが、あとは彼女を信じるしかありません。

カテゴリー
男の本音

貧乏に強い女性が魅力的と感じる場面

彼女が貧乏に強いと助かる場面

見栄をはらなくて良い

見栄を張る男性

高価なものをにお金がかからない

付き合って長くても彼女の前ではカッコよくありたいと願うものです。 車、バイク、サイフ、時計などそこそこ高額なものを身に着けたり所持したいと思うもの。 しかしながら、お金がなくて生活費にも困っている状況では高額なものを買うことがなかなかできません。デートにもなかなかお金をかけられません。

お金がかかることを要求しない

貧乏に強い女性の特徴として、あまり流行に左右されず、価値がわからない高価なものは自分も欲しがりませんし、彼氏にも要求しません。なので、見栄をはらなくても関係を良好に保つことができます。

転職や夢を応援してくれる

面接に向かう男性

女性からすると彼氏の転職は不安

「男は夢がないと生きていけない生き物」というのは言い過ぎかもしれませんが、現在の職場や給料にあまり満足していなかったり、夢に改めてチャレンジしたいということは湧き上がってくるものです。 そんな時、同棲している彼女や奥さんがいたらどうでしょう。 ある程度安定している現在の仕事を捨てて夢にチャレンジするとしたら、女性からすると大きな不安になるでしょう。

夢を応援してくれる貧乏に強い彼女

彼氏が転職するとなっても、貧乏に強い女性は大丈夫だったりします。 むしろ応援してくれたり、二人で頑張ることをやりがいに感じたりします。 男からすると、自分の夢を尊重してくれる女性がいると、嬉しさとやる気がこみ上げてくるものです。

モノを大切にする

リメイク 貧乏に強い女性は貧乏を覚悟しているので、新しいモノが買えないこともあることを知っています。 それ故、今使ってるモノを大事にしようとします。 モノをすぐに捨てて、しょっちゅう新しく買いなおしたいと言う女性より、モノを大事にしてくれる方が家庭としてもうまくいきます。

カテゴリー
男の本音

男の間では好評じゃない女性のファッション4つ

男からするとあまり好感をもてないファッション

派手なネイル

女性の派手なネイル

指先のオシャレであるネイル。ほんのり色が塗ってラメがキラキラしているくらいであればかわいくて好感がもてるのですが、爪が長かったりストーンがごつごつ付いているとマイナスに感じる男性は少なくないでしょう。
爪が長いと繊維が引っかかりそうで怖いですし、清潔感もありません。
料理をする時も邪魔になるでしょうし、生活感がないという印象を受けてしまいます。

クリンクリンのパーマ

クリンクリンのパーマ

これは好みの問題が多いのですが、ストレートが好きな男性ってけっこう多いです。
サラサラの髪に女性らしさを感じるからでしょうか。
女子の間でパーマの話で盛り上がっていても、「前のストレートの方が良かった」と言う男性意見は多いです。

輪っかの大きいピアス

輪っかピアス

直径8cmくらいの輪っかのピアスってありますよね。これはただただ怖いです。どこかに引っかかって耳がちぎれるのではと感じてしまいます。

タトゥー

女性のタトゥー

タトゥーは意思や決意で入れているならまだしも、タトゥー文化がまだまだ受け入れられていない日本の女性がしていると、どこかやんちゃな印象をうけてしまいます。日本の男性は相当タトゥーに抵抗がない人意外は悪いイメージを持ってしまうと思います。
「タトゥー=セクシー」にもなりませんし、女性らしさという意味でもあまりプラスには向かないものでしょう。

カテゴリー
恋の悩み

彼女に甘えてはいけないタイミング

彼女に甘えてはいけないタイミング

知り合いがいる時

パーティ

二人っきりでいる時は、彼女も甘えさせてくれますが、彼女の友達がいるところでいつものように甘えるのは危険かも・・・
頼りになる彼氏を友達にも自慢したいと思っているのであれば、甘えたな彼氏の一面はあまり見せたくないかもしれません。
そもそも男性側も人前で彼女に甘えるのはちょっと恥ずかしいですよね。

体調が悪い時

寝込む彼女

女性には、男にはわからない体調が不調な時というものがあります。
僕自身、彼女が生理期間中と知らず甘えた時、「気持ち悪い」とグサっとくる言葉を言われたことがあります。
そういう時は一人でシュンっとするしかありませんね(笑)

妊娠中や子供が生まれた後

妊娠中カップル

結婚して奥さんが妊娠中の友人から聞いた話ですが、体調が悪い時と同じく、妊娠中の時はホルモンのバランスが通常とは違うようで、今までのように甘えてもまったくかまってもらえないという話を聞きました。

また、出産後に甘えると、「まるで子供が二人いるみたい」とうっとうしがられることもけっこうあるみたいですね。

 

 

カテゴリー
浮気・別れ話

男は○○歳までしっかり遊ばないと浮気や不倫をしてしまう!?

「遊び足りていない」は浮気や不倫をしてしまう原因になる?

若いころに恋愛経験が少ないと目移りしやすい

目移りする男性

世の中には外見、性格と色んなタイプの女性がいます。
男って、色んなタイプの女性と付き合ってみたいと思うものですよね。
若いころに様々なタイプの女性と付き合っていれば、結婚してから奥さん以外の魅力的な女性が現れたとしても、「こういうタイプの彼女は昔付き合ったことあるなぁ」と、すでに経験済みの余裕が出ると思いませんか。
一方、人生で付き合ったことがないタイプの魅力的な女性が現れると、彼女がいようが奥さんがいようが、その女性が気になって仕方なくなると思います。

女子の制服が好きなのは学生時代に遊んでいないから!?

高校生カップル

セーラー服やブレザーが好きな成人した男性はけっこういます。
学生服にフェチを感じる男性は、もしかしたら学生時代に憧れの女の子がいたり、制服同士でデートしてみたいといった夢が叶わないまま学生生活が終わってしまったのではないでしょうか。
男は幼い頃の夢って大人になっても持っていたりしますしね(笑)

35歳までしっかり遊んでおかないと浮気や不倫をしやすくなる!?

 

ベッドシーン以前テレビ番組で、35歳までにしっかり遊んでいる男性は結婚後も浮気や不倫をする率が低くなるという統計があると聞いたことがあります。
統計の信憑性は定かではありませんが、男として少しわかる気がします。
10代は学生同士の淡い恋。20代は色んな出会いがあって恋愛経験を重ねる。30代前半はお金に余裕も出てきて、大人の恋愛をする。キャバクラや風俗など行きたかったらとことん行く。
こんなかんじでしっかり遊べば、35歳くらいになれば落ち着いてくると思います。
もう、女の子と付き合ったりはいいから、とりあえず落ち着きたいと思いそうですよね(笑)

カテゴリー
浮気・別れ話

カップルは注意!些細な感覚のずれが別れ話を引き起こす

よくあるカップル間の感覚のズレ

金銭的感覚のズレ

お金を計算するカップル

 

デートの時など、金銭的感覚のズレを感じることは良くあります。
昼ごはんが外食で3000円ほどかかったその日の晩、夜は節約して安いお店に入るか、それともせっかくのデートだから晩御飯も豪勢にいくか。
彼氏が節約の方を選んだら、彼女は「せっかく久々のデートなのにケチくさいなぁ、楽しくない・・・」と思ってしまうでしょう。
また、節約派の彼氏からすると、「昼も3000円使ったのに夜は5000円使っちゃった。ファミレスで安く済ませるくらいで良かったのに・・・」ともったいない気持ちでいっぱいになるでしょう。

生活リズムのズレ

生活のズレ

一緒に生活をすると些細なことが気になります。
・ご飯を食べた後、お皿を洗ってからゆっくりするか。ゆっくりした後お皿を洗うか。
・洗濯は毎日する。洗濯は3日ほど溜まってからまとめてする。
・テレビはこまめにチャンネルを変える。一回見だしたらその番組が終わるまで変えない。
・電気をつけたまま寝る。電気を消さないと眠れない。生活のズレは一見小さなものですが、毎日一緒にいると、小さなズレが積もって大きなストレスになります。

体質のズレ

眠れない彼氏

・夏のクーラーの温度は20度くらいで部屋をキンキンに冷やしたい。温度は30度くらいの設定で十分。
・猫が大好きだから猫を飼いたい。猫アレルギーだから猫を飼ったら毎日くしゃみが止まらない。
アレルギー体質、冷え性などたくさんあると思いますが、体質はなかなか変えがたいものなので難しいですね。

人間関係や友達関係に関するズレ

男女仲間

彼女は大勢でバーベキューをしたり、家に人を呼んで食事をするのが大好きな性格。
彼氏は彼女と二人で過ごすのが落ち着くし、年に1回くらい友達や家族と食事できれば十分といった違いがあるとしたら、彼氏は彼女に合わせるのでせっかくの休日に人付き合いで大変と感じ続けるでしょうし、彼女からすると「みんなで遊びに行ったら数倍楽しいのに、つまんないな・・・」と感じるでしょう。

感覚のズレはお互いに歩み寄る努力が必要

笑い合うカップル

お互いの歩み寄りで感覚のズレを埋める努力をすることが長続きするためにはとても大事です。
もともと感覚のズレがゼロに近いカップルであれば、ケンカをすることや、日々ストレスを溜めることもないのでしょうが、なかなか全ての考え方やリズムが同じカップルなんていないものです。
・デートの時は贅沢をしたいけど、前回のデートはお金を使ったし今日は節約しよう。
・電気をつけたままじゃ眠れないけど、今日はホットアイマスクでもしながら寝れば眩しくない。
・クーラーを22度にしたいけど、寒がってるし自分は扇風機でもつけて涼しくしよう。
・あんまり大勢は苦手だけど、今日はみんなでバーベキューを楽しもう。

など、難しいこともあるでしょうが、なるべく二人の気持ちの中間でいられるようにすることが大事ですね。
いきなりはしんどいですが、少しでも努力すれば相手はわかってくれて感動することでしょう。
できることからやっていけたらいいと思います。

カテゴリー
男の本音

彼女には自分より少しだけキレイ好きでいてほしい男の気持ち

自分より彼女の方がキレイ好きであってほしい理由

彼女には女性らしさを失わずキレイでいてほしい

横顔の女性

いくら美人でも、服がだらしなく髪の毛がボサボサで油ぎっていては魅力を感じないものです。
これは僕の意見ですが、容姿が多少悪くても、おしゃれをして、髪の毛もしっかり整えている女性には魅力を感じます。
彼女の家に行って、部屋がきっちり掃除・整頓されていると、物を大事に扱っていて心もキレイそうだ!と感じます。逆に、彼女の部屋に入って、ゴミが散らかっていたり、洗濯した服もたたまずそのまま放ったらかしのようでは、まずマイナスです。散らかってる部屋が好きな人なんていないですよね。

なんでも注意する細かい男になりたくない

怒る彼氏

同棲や結婚生活を始めた後、生活をしているうちにお互いのだらしない点というのは見えてくると思います。
「洗濯をしない」「お皿を洗わない」「トイレが汚れても掃除しない」など、不満は溜まってくるもの。
勝手な話ですが、男は女性に注意されて改善していければいいと思います。
しかし、男性が女性より清潔というのはどこか「細かい男」と感じてしまいます。
細かい男って嫌ですよね、でも一緒に住んでいく彼女が部屋を散らかしていたら注意したくなります。「細かい男」にならなくて済むように彼女には自分よりキレイ好きであってほしいです。

カテゴリー
浮気・別れ話

彼女にふられた男が寂しさをまぎらわすためにやっていること

趣味で発散しようとして失敗する

釣りをする男子

彼女にふられた後は寂しく、四六時中彼女のことを考えてしまいます。
なんとか彼女のことを考えないために、自分の好きな趣味に没頭して忘れようとします。
ゲーム、ギター、映画、バイクでツーリング、フィギュア、釣りなど大好きなことをしようとします。
しかしながら、あまり集中できないのが本音です。
映画を見ていても、女性が出てきたら彼女と重ね合わせてしまいますし、バイクや車で出かけても彼女が一緒に乗ってないことを再認識してしまい、楽しくありません。

友人に話す

友人

寂しい時、誰かと一緒にいることはとても救われます。
彼女にふられて残念な気持ちを聞いて共感してもらったり、これからまた違う恋愛に向けて頑張れと励ましてもらえれば少しは気が楽になります。
人といるというだけで、彼女のことばかり考えてしまうループから一時的であれ解放されます。

キャバクラや風俗に行く

キャバクラ寂しさは誰かに「触れたい」「触れられたい」という欲求を強くすることがあります。
彼女がいない苦しい寂しさから逃れるためにキャバクラで遊んだり、風俗にいくことは珍しくありません。
しかしながら、彼女への思いが強いほど、それらが終わった後は虚しくなるものです。
「俺、なにやってるんだろう・・・」
と帰り道にぼやいたりします。

お酒を飲む

酒一気飲み

ひとりになるととにかく寂しいので、お酒を飲むと少し楽になります。愚痴も増えますが(笑)
「なんだよ、こんないい男ふりやがってよー、知らないぞ俺が超出世してもよー」
など、独り言も増えるでしょうが、気持ちが楽になります。
飲みすぎて、翌朝気持ちが悪い上に、彼女がいない寂しさも同時にやってきて、より辛さが増した時は最悪な状況ですが。